Toad Data Point
オンラインでのご購入には、shop.quest.com をご利用ください。
オンラインでご購入 »
Toad World では無料の教育を提
供しているほか、新機能、時間
節約のコツやヒントも紹介して
おり、Toad の体験をより充実
したものにしていただけます。
コミュニティを見る »

Toad Data Point

データのアクセス、統合、プロビジョニングのための優れたデータ分析ツール

Toad™ Data Point は、データ管理のプロフェッショナル向けに、データのアクセス、分析、プロビジョニングを簡素化するクロスプラットフォームのクエリおよびデータ統合ツールです。 このデータ分析ツールは、ほぼ無制限のデータ接続、デスクトップのデータ統合、視覚的なクエリの作成、およびワークフローの自動化を可能にします。

機能

無制限の接続 - 従来のリレーショナルソース(Oracle、SQL Server、Sybase、DB2、Teradata、Access、およびすべての ODBC 対応プラットフォームを含む)から非データベースソース(Excel および SharePoint など)や非 SQL システム(Salesforce.com、Business Objects、Oracle Business Intelligence プラットフォームなど)まで、ほぼすべてのデータソースに接続。 これらすべてのソースに対して SQL クエリを実行します。

データ統合 - クロスプラットフォームの SQL クエリでデータ統合を簡素化します。

自動化エンジン - 日常的なタスクを自動化・スケジュール化し、生産性を向上。洗練されたワークフローを構築して、高度なプロジェクトをサポートします。

ローカルデータストア - 組み込みデータベースを利用して、より柔軟かつ迅速にデータセットを運用します。

SQL IDE - 堅牢かつカスタマイズ可能なエディタで SQL 文を記述。SQL Complete、自動フォーマット、SQL の即時呼び出しなど、SQL を書くのに役立つ様々な機能が搭載されています。  

ビジュアル・クエリビルダー - 使いやすいドラッグアンドドロップによるインターフェースで、シングルプラットフォームおよびクロスプラットフォームの高度な SQL クエリを開発します。

高度な分析ライブラリ - SQL により高度な数学的・統計的機能を利用。

データの視覚化 - インタラクティブなデータの視覚化をナビゲートして、結果セットの理解を深めます。

比較および同期 - 異なるデータソース間でデータを比較・同期し、データの一貫性と有効性を確保します。

データクレンジング・エリア - わかりやすいインターフェースで、結果セットの変換・洗浄(計算、列、グループ化の追加や重複検索など)を行います。

ER ダイアグラマとデータ・ブラウザ - テーブルの関連づけを可視化し、アノテーションを記述できます。独自の関連づけテンプレートの作成や、一対多の関連づけの確認、データベーステーブルとオブジェクトの閲覧が可能になります。 

チャートおよびレポート - データ結果を共有するためのプロフェッショナルなチャートやグラフを設計できます。

インポート / エクスポート・ユーティリティ・ウィザード - 効率的にデータをロードおよびアンロードできます。 Excel、.CSV、.TXT、HTML、PDF、その他の各種ファイル形式へ簡単にデータをエクスポートおよび発行できます。

システム要件

System Requirements

Client Requirements

Before installing Toad, ensure that your client system meets the following minimum hardware and software requirements:

Platform

1 GHz Processor (recommended minimum)

Memory

512 MB of RAM minimum, 1 GB recommended
Note: The memory required may vary based on the following:

  • Applications that are running on your system when using Toad
  • Size and complexity of the database
  • Amount of database activity
  • Number of concurrent users accessing the database

Hard Disk Space

1.33 GB to install Toad
475 MB to run Toad Professional edition, 350 MB to run Toad Base edition
Note: The disk space required may vary based on the edition of Toad selected for installation.

Operating System

Windows Server 2003
Windows XP Professional (32-bit or 64-bit)
Windows Vista (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 (32-bit or 64-bit)
Windows 7 (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2012
Windows 8 (32-bit and 64-bit)

.NET Framework

Microsoft .NET Framework 4.0
Note: The .NET Framework Client Profile is not supported.
Teradata .NET Data Provider
You must install the Teradata .NET Data Provider (13.10 or later) to use a Teradata native connection in Toad.
Note: To use a Teradata connection in a cross-connection query, you must also install a Teradata (13.10 or later) ODBC driver.

Database Client

Existing DB2 Client Support (DB2 native provider only)
Toad installs a DB2 9.7 (fix pack 6) client as part of the installation process. The DB2 9.7 client can co-exist with an existing DB2 8 client, but is incompatible with a DB2 7 client. If a DB2 7 client already exists on your computer, the Toad installation stops and cannot complete. To resolve, first upgrade to the DB2 8 client. Then restart the Toad installation to avoid losing functionality in some DB2 native tools.
Existing 64-bit DB2 Client (DB2 native provider only)
If you have a 64-bit DB2 client installed, you must install Toad using the ToadDataPoint_64bit_Client.exe.
Oracle Client
Toad can connect to Oracle using Direct Connect (no need for an Oracle Client) or can connect using an Oracle Client or Oracle Instant Client. However, if you want to use LDAP, you must install an Oracle Client. Toad supports 9i or later Oracle Clients and Oracle Instant Clients.
Notes:

  • You cannot use Oracle Direct Connection in a cross-connection query.
  • To use an Oracle connection in a cross-connection query, you must install an Oracle Client (full install) or you must install the Oracle Instant Client plus the Oracle ODBC driver.

Additional Requirements

Web Browser
Microsoft Internet Explorer 6.0 or later

Server Requirements

Before installing Toad, ensure that your server meets the following minimum hardware and software requirements:

Operating System

Oracle Native Database Provider
IBM AIX 5.1, 5.2, 5.3
HP-UX 11i 1.5, 2 (32-bit or 64-bit)
Red Hat Enterprise Linux AS release 3 and 4 (32-bit or 64-bit)
Solaris 7, 8, 9, 10 (32-bit or 64-bit)
SuSE 7, 8, 9
Windows 2003 (32-bit or 64-bit)
Windows XP
SQL Server Native Database Provider
Windows Server 2000 Service Pack 4 or later
Windows 2000 Professional Edition Service Pack 4 or later
Windows XP (32-bit with Service Pack 2 or later and 64-bit)
Windows Server 2003 (32-bit or 64-bit) Service Pack 1 or later
Windows Vista (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 R2 (64-bit)
Windows 7 (32-bit or 64-bit)
DB2 for z/OS Native Database Provider
z/OS (V1R6 Base Services [5694-A01] or later)
DB2 for LUW Native Database Provider
IBM AIX 5.1, 5.2, 5.3, 6.1
HP-UX 11i 1.5, 2 (32-bit or 64-bit)
Red Hat Enterprise Linux AS release 3 and 4 (32-bit or 64-bit)
Solaris 7, 8, 9, 10 (32-bit or 64-bit)
SuSE 7, 8, 9
Windows 2000, 2003 (including 64-bit), 2008, XP, Vista, Windows 7
MySQL Native Database Provider
Windows 2003
Windows Server 2000 Service Pack 4 or later
Windows 2000 Professional Edition Service Pack 4 or later
Windows XP (32-bit with Service Pack 2 or later and 64-bit)
Windows Server 2003 (32-bit or 64-bit) Service Pack 1 or later
Windows Vista (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 R2 (32-bit or 64-bit)
Windows 7 (32-bit or 64-bit)
Sybase Native Database Provider
Windows XP (32-bit with Service Pack 2 or later and 64-bit)
Windows Server 2003 (32-bit or 64-bit) Service Pack 1 or later
Windows Vista (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 (32-bit or 64-bit)
Windows Server 2008 R2 (64-bit)
Windows 7 (32-bit or 64-bit)

Native Database Server

Toad supports the following databases:
Oracle 9i, 10g, 11g, 11g R2
Toad has been tested on Oracle Exadata 2.0 running Oracle database 11g R2.
Limited support of SQL Server 2000 (Service Pack 3 or later)
Note: The following features are not available:

  • Index Defragmentation
  • Storage Management
  • Performance Monitor
  • Project Lucy Performance Analytics
  • Altering procedures, functions, views in the Editor
  • Version Control

SQL Server 2005 (Service Pack 2 or later) and SQL Server 2005 Express
SQL Server 2008 and SQL Server 2008 Express
SQL Server 2008 R2 and SQL Server 2008 R2 Express
SQL Server 2012 and SQL Server 2012 Express
Note: SQL Server Compact Edition is not supported.
IBM DB2 for LUW 8.1.5, 8.2, 9.1, 9.5, 9.7, 10.1
IBM DB2 for z/OS 8, 9, 10
Notes:

  • To run RUNSTATS and the native REORG utility on tablespaces and indexes in DB2 for LUW, Toad supports DB2 for LUW 8.2.2 or later.
  • Toad may support IBM DB2 Express and SWE in addition to listed above servers, but note that no testing was performed on it.
  • Toad supports DB2 8 for z/OS running in Full Function mode, but does not support DB2 8 for z/OS running in Compatibility mode.

MySQL 4.1, 5.0, 5.1, 5.6
Sybase ASE 12.5, 15.0.2, 15.0.3, 15.5
Sybase IQ 15
Sybase SQL Anywhere 12
Teradata 12.0, 13.0, 13.10
Access 2003, 2007, 2010
Excel 2003, 2007, 2010

ODBC Database Server

Toad Data Point allows you to create a connection to a database that supports an ODBC 3.0 or later driver. ODBC connectivity provides basic querying capability, but may not be as full-featured as a native connection in Toad. Toad has been tested on the following databases, using an ODBC connection:

  • DB2 for i5/OS V5R4 and IBM i 6.1
  • Informix Dynamic 10.00, 11.0 (limited testing)
  • Ingres Community Edition 2006 R2 on Windows 32-bit (limited testing)
  • Netezza Data Warehouse Appliance 4.6.6, 6.0
  • PostgreSQL 8.3.4
  • Vertica 4.1, 5.0, 5.1 (with 4.0, 4.1 ODBC driver), 6.0 (with 6.0 ODBC driver)

Note: For a list of databases that are not supported, see Known Issues in the Release Notes.

Cloud Database Service

Oracle databases running on Amazon EC2
SQL Azure
Note: To connect to SQL Azure, you must have read access to the master database and VIEW DEFINITION grant on the databases you want to work with.
SQL Server databases running on Amazon EC2
Amazon Redshift
Toad can manage Amazon RDS and any other cloud or service offering compatible with MySQL.

Quest Data Services -
Premium Connections

Toad has been tested with, and supports, the following Business Intelligence / Cloud platforms:

  • Business Objects XI 3.0, 3.1
  • Hive
  • Oracle Business Intelligence Enterprise Edition 11g
  • Salesforce.com
  • Microsoft SQL Server Analysis Services

Virtualization Support

Application Virtualization

Limited testing has been performed for Citrix XenApp 5.0 on Windows Server 2003 and Citrix XenApp 6.5 on Windows Server 2008 R2.

Desktop Virtualization (VDI)

Toad has been tested with Quest vWorkspace 7.0 running on Windows XP Professional 32-bit (Service Pack 2).

Server Virtualization

Toad has been tested with the following:

  • Oracle VM 3.1 running on Red Hat Enterprise Linux 64-bit with Oracle 11gR2
  • Oracle VM 2.2 running on Windows 2008 32-bit with Oracle 11gR2

Language Supported:

  • US English

 

ビデオ

Toad for Data Analysts is now Toad Data Point.

スクリーンショット

スクリーンショットツアー

Toad Data Point のツアーを開始

スクリーンショットの数:10

Toad Data Point - 専門知識なしで SQL クエリを記述および編集

Toad Data Point

Toad Data Point により、堅牢かつカスタマイズ可能なエディタで SQL 文を記述することが容易になります。SQL Complete、自動フォーマット、SQL の即時呼び出しなど、SQL を書くのに役立つ様々な機能が搭載されています。 なじみのある Toad のインターフェースはすべて設定可能なため、Toad for Oracle と同じようにカスタマイズすることが可能。また、ドラッグアンドドロップによる直観的なウィザードで SQL の編集をスピーディーに行なうことができます。

Toad Data Point - データ統合

Toad Data Point

ドラッグアンドドロップによる高性能なクロスプラットフォームのクエリでセルフサービスのデータ統合を簡素化します。 単一のツールで、SQL クエリを実行して Excel、RDBMS、NoSQL、クラウド、BI、およびビッグデータに簡単にアクセスし、貴社のデータとすぐに統合することができます。SQL の専門知識は必要ありません。

Toad Data Point - 無制限の接続

Toad Data Point

- 従来のリレーショナルソース(Oracle、SQL Server、Sybase、DB2、Teradata、Access、およびすべての ODBC 対応プラットフォームを含む)から非データベースソース(Excel および SharePoint など)や NoSQL システム(Hadoop/Hive、Salesforce.com、Business Objects、Oracle Business Intelligence platforms)まで、ほぼすべてのデータソースに接続。 SQL のパワーを活用し、これらすべてのソースに対してクエリを実行できます。

Toad Data Point - 頻繁に実行するワークフローやタスクを自動化およびスケジューリング

Toad Data Point

反復的な手動のワークフローやタスクを Toad Data Point の自動スクリプト内でスケジューリングすることにより、これらを自動化します。 柔軟かつ拡張可能なスクリプトで生産性と効率性を向上。また、業務のニーズに合わせて、あるいは異なる対象に向けてスクリプトをカスタマイズできます。 Toad Data Point は、データのエクスポートや Eメール送信、スクリプト実行などの自動テンプレートのライブラリを提供しています。

Toad Data Point - データを簡単に変換・洗浄

Toad Data Point

IT 部門のサポートがなくても、デスクトップから簡単にデータを変換・洗浄。 Toad では、計算の追加、列のフォーマット、グループ化の追加をデスクトップから実行することにより、大規模なデータセットの修正、重複の検索、データの変換を簡単に行なうことができます。

Toad Data Point - 比較と同期でデータを確保・検証

Toad Data Point

データセット作成後にデータの比較と同期を行なうことにより、レポートの正確さを高め、ダウンストリームデータの操作を減らします。 異なるプラットフォームからのデータの分析、スキーマの正確さの検証、データに相違がある場合の同期を実行できるのは Toad だけです。

Toad Data Point - データを有意義な方法で視覚化・表示

Toad Data Point

データ結果をより有意義な方法で他のユーザと共有するためのプロフェッショナルなチャートやグラフを設計できます。 Toad を利用すれば、Excel にデータをエクスポートせずに、独自のチャート、グラフ、レポートを簡単に作成することが可能。また、データを視覚化してインタラクティブに操作することもできます。

Toad Data Point - ER ダイアグラマとデータブラウザ

Toad Data Point

テーブルの関連づけを可視化し、アノテーションを記述できます。独自の関連づけテンプレートの作成や、一対多の関連づけの確認、データベーステーブルとオブジェクトの閲覧が可能になります。 このため、データを別のツールにエクスポートせずに、異機種または異種のデータソースからデータモデルを素早くプロファイル化できます。

Toad Data Point - SQL により高度な数学的・統計的機能を利用

Toad Data Point

過去データのレポーティングから予測分析へ移行して、収益性と効率性を向上させましょう。 170 を超える数学的・統計的機能のライブラリをデスクトップから利用して、顧客行動の予測、顧客の評価、予測モデリング、統計分析などについて高度な分析を行なうことができます。

Toad Data Point - Excel および他のアプリケーションへの簡単なインポート・エクスポート

Toad Data Point

効率的にデータをロードおよびアンロードできます。 Excel、.CSV、.TXT、HTML、PDF、その他の各種ファイル形式へ簡単にデータをエクスポートおよび発行できます。

ドキュメント