Recovery Manager for Active Directory

Active Directory のディザスタリカバリと個別オブジェクトの迅速な復元

Recovery Manager for Active Directory を使用すると、Active Directory(AD)、システム構成、またはグループポリシーのデータを破損する人的エラーおよびハードウェアやソフトウェアの障害により生じるシステムのダウンタイムや生産性の損失を防ぐことができます。 また、バックアップを自動化し、バックアップを AD の現在値と素早く比較することにより、変更を正確に示して、即座に希望のデータを復元します。

オンラインの個別復元機能を実行することで、選択したディレクトリやオブジェクトまたは個々の属性を復元できます。AD をオフラインにする必要はありません。 時間を節約するこのソリューションにより、コストの削減と生産性の向上を実現します。

機能

  • AD のごみ箱 - ウィザードベースのコンソールがリカバリのプロセスを効率よくガイドし、Active Directory のグラフィカルなごみ箱を提供します。スクリプトを作成する必要はありません。
  • オンラインの個別復元 - ドメインコントローラを再起動せずに、ディレクトリのオブジェクトを復元します。 これにより、ダウンタイムや、ネットワークにログオンしたユーザへの影響を排除することができます。
  • 比較レポーティング - レポートを使用して、AD のオンライン状態をバックアップと比較し、バックアップ以降ディレクトリのデータに適用された変更を強調表示します。 また、異なるバックアップ間で比較を行うこともできます。 レポートには、属性を含め、削除または変更されたオブジェクトが表示されます。 クエストの ChangeAuditor® をお使いの場合は、変更を実行したユーザの情報も比較レポートに表示されます。
  • 包括的なリカバリオプション - ユーザ、グループ、コンピュータ、組織ユニット(OU)、サイト、サブネット、構成、Exchange ストレージグループ、およびグループポリシー・オブジェクト(GPO)など、AD の任意のオブジェクトを復元することが可能な、この種のソリューションでは唯一の製品を利用できます。
  • 属性レベルの復元 - オブジェクト自体が削除されていない場合でも、アカウント設定や、グループのメンバーシップ、バイナリ属性などの個々の属性を復元することができます。 このため管理者は、変更の必要ない属性を維持したままで、目的の属性だけを復元できます。
  • Recovery Manager Portal—Use web interface to:
          • Delegate data restore tasks to specific users
          • Monitor Recovery Manager for Active Directory instances deployed in your organization
          • Undelete AD objects quickly without having to restore from backup
          • Access the search and restore functionality of Recovery Manager for Active Directory
  • スケーラブルで柔軟な AD のバックアップ - ピーク以外の時間にバックアップを実行するようスケジュールを設定し、ドメインコントローラのシステム状態のバックアップを 1 か所で管理します。 バックアップは 1 か所もしくは分散した場所に保存するか、あるいはドメインコントローラに残すことができ、必要な帯域幅を最小に抑え、任意のサイズの環境に合わせて規模を調整できます。
  • ディザスタリカバリの保護 - AD のバックアップの健全性が自動的に監視され、バックアップに失敗した場合やエラーが発生した場合には E メールでアラートが送信されます。 Microsoft Operations Manager (MOM) 2005 と System Center Operations Manager (SCOM) 2007 向けの Quest Management Pack では、それぞれ対応する監視コンソール内に、バックアップの健全性のステータスとアラートが表示されます。 このため、バックアップが正常に作成されていることや、ディザスタが発生した場合に保護されることを常に確認できます。
  • Get alerts – Be alerted about Recovery Manager for AD backup events and issues via proactive notifications on mobile devices. You can stay connected and assess issues even while you’re not on site.
  • Take action – Initiate actions such as recovering backups from your mobile device. Check the status of the backup so you are aware of when it started and when it completed, as well as whether it was successful. Respond faster if a backup fails by viewing the error message and restarting the backup immediately.
  • Active Directory Lightweight Directory Services (AD LDS) のバックアップと復元 - AD LDS オブジェクトのバックアップとオンライン復元を実行します。 削除されたり誤って変更された AD LDS オブジェクトの復元が可能で、復元の際に AD LDS サービスを再起動する必要はなく、サービスが干渉を受けることもありません。

システム要件

Before installing Recovery Manager for Active Directory 8.6.0, ensure that your system meets the following minimum system requirements.

In this section:
  • Recovery Manager for Active Directory
  • Recovery Manager Portal
  • Password and SIDHistory Recoverability Tool
  • Upgrade and compatibility

    Table 1. Recovery Manager for Active Directory system requirements

    ProcessorMinimum: 1.4 GHz

    Recommended: 2.0 GHz or faster

    Memory
    (overall RAM)
    Minimum: 1 Gb

    Recommended: 2 Gb

    These figures apply only if the Active Directory domains managed by Recovery Manager for Active Directory include 1 million objects or less.
    Increase RAM size by 512 MB for every additional 1 million objects.

    Hard Disk Spacex86 system
    Full installation including the prerequisite software:
    —1.5 Gb of free disk space
    In case all the prerequisite software is already installed:
    —200 Mb of free disk space

    x64 system
    Full installation including the prerequisite software:
    —2.7 Gb of free disk space
    In case all the prerequisite software is already installed:
    —210 Mb of free disk space

    Note: Additional storage space is required for a backup repository, at least the size of the backed-up Active Directory database file (Ntds.dit) and the SYSVOL folder plus 40 MB for the transaction log files.
    MonitorSVGA at 1024 x 768 or higher
    Operating SystemInstallation
    • Microsoft Windows Server 2012 R2 with or without any Service Pack
    • Microsoft Windows Server 2012 with or without any Service Pack
    • Microsoft Windows Server 2008 R2 without Service Pack or with Service Pack 1
    • Microsoft Windows Server 2008 with Service Pack 1 or Service Pack 2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 with Service Pack 2
    • Microsoft Windows Server 2003 with Service Pack 2
    • Microsoft Windows 8.1 with or without any Service Pack
    • Microsoft Windows 8 with or without any Service Pack
    • Microsoft Windows 7 without Service Pack or with Service Pack 1
    • Microsoft Windows Vista with Service Pack 2
    • Microsoft Windows XP with Service Pack 3

    When installed on a Windows XP-, Windows Server 2003-, or Windows Server 2003 R2-based computer, Recovery Manager for Active Directory does not support working with the following:

    • Domain controllers or AD LDS (ADAM) hosts running Windows Server 2012 or 2012 R2
    • AD LDS (ADAM) hosts running Windows 8 or 8.1
    Targets for backup, restore, or compare operations
    • Microsoft Windows Server 2012 R2 with or without any Service Pack (including Server Core installation)
    • Microsoft Windows Server 2012 with or without any Service Pack(including Server Core installation)
    • Microsoft Windows Server 2008 R2 without Service Pack or with Service Pack 1 (including Server Core installation)
    • Microsoft Windows Server 2008 with Service Pack 1 or Service Pack (including Server Core installation)
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 without Service Pack or with Service Pack 2
    • Microsoft Windows Server 2003 without Service Pack or with Service Pack 1 or Service Pack 2
    Microsoft .NET FrameworkYour computer must have all of the following versions installed:
    —Microsoft .NET Framework version 4.0
    —Microsoft .NET Framework version 3.5 SP1
    Microsoft SQL Server Microsoft SQL Server

    One of the following versions is required:
    —Microsoft SQL Server 2012 with or without any Service Pack (Enterprise, Business Intelligence, Standard, Express, Web, or Developer Edition )
    —Microsoft SQL Server 2008 R2 with or without any Service Pack (Enterprise, Standard, Workgroup, Express, Web, or Developer Edition)
    —Microsoft SQL Server 2008 with or without any Service Pack (Enterprise, Standard, Workgroup, Express, Web, or Developer Edition)
    —Microsoft SQL Server 2005 with or without any Service Pack (Enterprise, Standard, Workgroup, Express, or Developer Edition)

    Required Microsoft SQL Server components
    These Microsoft SQL Server components must be installed on the Recovery Manager computer. If these components are missing, the Recovery Manager Setup installs them for you.
    Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012
    Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL ScriptDom
    Microsoft SQL Server 2012 Data-Tier Application Framework

    Microsoft SQL Server Reporting Services
    To display reports, Recovery Manager for Active Directory can integrate with Microsoft SQL Server Reporting Services 2008.

    Microsoft Windows PowerShellMicrosoft Windows PowerShell version 3.0 or 2.0
    Microsoft Windows InstallerMicrosoft Windows Installer 4.5
    Microsoft Management ConsoleMicrosoft Management Console version 3.0
    Integration with
    Quest ChangeAuditor for Active Directory
    To provide information on who modified particular Active Directory objects, Recovery Manager for Active Directory can integrate with the following versions of Quest ChangeAuditor for Active Directory:
    5.6, 5.5, 5.1, 5.0, 4.9, 4.8, 4.7, 4.6, and 4.5

    If any prerequisite software is not installed, the Setup program will automatically install it for you before installing Recovery Manager for Active Directory

    Recovery Manager Portal

    ProcessorMinimum: 1 GHz
    Memory
    (overall RAM)
    Minimum: 512 Mb
    Hard Disk Spacex86 system: 850 Mb

    x64 system: 2 Gb
    MonitorSVGA at 1024 x 768 or higher
    Operating SystemInstallation
    You can install Recovery Manager on a computer running one of the following operating systems (both x86 and x64 platforms are supported):
    • Microsoft Windows Server 2012 R2 with or without any Service Pack
    • Microsoft Windows Server 2012 with or without any Service Pack
    • Microsoft Windows Server 2008 R2 with Service Pack 1 or later
    • Microsoft Windows Server 2008 with Service Pack 2 or later
    Web BrowserTo access the Recovery Manager Portal, you can use Microsoft Internet Explorer 10, 9, or 8.
    Microsoft .NET FrameworkMicrosoft .NET Framework version 4.5
    Microsoft Internet Information Server
    (IIS)
    Microsoft Internet Information Services (IIS) 8.0, 7.5, or 7.0.

    On Windows Server 2008 or Windows Server 2008 R2, the following role services are required:

    - Web Server

          - Common HTTP Features
               - Static Content
               - Default Document
          - Application Development
               - ASP.NET
               - .NET Extensibility
               - ISAPI Extensions
               - ISAPI Filters
         - Health and Diagnostics
               - HTTP Logging
         - Security
               - Windows Authentication
               - Request Filtering
         - Performance
               - Static Content Compression
    - Management Tools

          - IIS Management Console

    On Windows Server 2012, the following role services are required:

    - Web Server

          - Common HTTP Features
                 - Default Document
                 - Static Content
          - Health and Diagnostics
                 - HTTP Logging
          - Performance
                 - Static Content Compression
          - Security
                 - Request Filtering
                 - Windows Authentication
          - Application Development
                 - .NET Extensibility 4.5
                 - ASP.NET 4.5
                 - ISAPI Extensions
                 - ISAPI Filters
    - Management Tools

        - IIS Management Console
    Microsoft SQL Server Microsoft SQL Server

    One of the following is required:
    —Microsoft SQL Server 2012 with or without any Service Pack (Enterprise, Business Intelligence, Standard, Express, Web, or Developer Edition )
    —Microsoft SQL Server 2008 R2 with or without any Service Pack (Enterprise, Standard, Workgroup, Express, Web, or Developer Edition)
    —Microsoft SQL Server 2008 with or without any Service Pack (Enterprise, Standard, Workgroup, Express, Web, or Developer Edition)

    Required Microsoft SQL Server components
    These Microsoft SQL Server components must be installed on the Recovery Manager computer. If these components are missing, the Recovery Manager Setup installs them for you.
    Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012
    Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL ScriptDom
    Microsoft SQL Server 2012 Data-Tier Application Framework

Password and SIDHistory Recoverability Tool

You can only use the Password and SIDHistory Recoverability Tool if Microsoft's Active Directory Recycle Bin is not enabled in your environment.

Upgrade and compatibility

Recovery Manager for Active Directory version 8.6.0 is upgradeable from version 8.1.0 or later.

ビデオ

スクリーンショット

Recovery Manager for Active Directory

Recovery Manager for Active Directory

Recovery Manager features an intuitive interface that allows you to recover from an inadvertent deletion or change to the AD data. オンラインでリモート操作により個別復元機能を実行することで、選択したオブジェクトや個々の属性を復元できます。Active Directory をオフラインにする必要はありません。 You can even launch Forest Edition directly from the Recovery Manager for AD console.

Delegated restores

スケーラブルで柔軟な Active Directory のバックアップ

Recovery Manager provides the ability to assign specific people to restore AD objects at either the domain or container level. It provides secure access to restore and undelete objects for delegated users.

Undelete AD objects

Undelete AD objects

Recovery Manager allows you to search, restore and immediately undelete AD objects without having to restore them first. The first step is to identify the objects. Search by container, object type and date.

Search results of objects

Search results of objects

With Recovery Manager, once the objects have been identified, the next step is to review the objects selected to be undeleted. You may remove items or execute the undelete process.

スケーラブルで柔軟な Active Directory のバックアップ

スケーラブルで柔軟な Active Directory のバックアップ

Recovery Manager for Active Directory では、DC のシステム状態のバックアップを 1 か所で管理できます。 バックアップは 1 か所もしくは分散した場所に保存するか、あるいはドメインコントローラに残すことができ、必要な帯域幅を最小に抑え、任意のサイズの環境に合わせて規模を調整できます。

ディザスタリカバリの保護

ディザスタリカバリの保護

Quest Management Pack for Microsoft System Center Operations Manager (SCOM) では、SCOM コンソールにバックアップの健全性のステータスとアラートが表示されます。 このため、バックアップが正常に作成されていることや、ディザスタが発生した場合に保護されることを常に確認できます。

Microsoft Data Protection Manager (DPM) との統合

Microsoft Data Protection Manager (DPM) との統合

多くの場合、リカバリは個々のコンポーネントレベルで実行することが必要ですが、このようなレベルのリカバリは DPM だけでは実行できません。 Recovery Manager は DPM のバックアップ機能を利用して、変更された AD データを識別し、AD オブジェクトの属性を維持したまま素早くオブジェクトを復元します。

バックアップのスケジュール

バックアップのスケジュール

Recovery Manager for Active Directory では、ピーク以外の時間にバックアップを実行するよう管理者がスケジュールを設定できます。 また、差分バックアップ機能を使用すれば、バックアップの効率を向上し、頻度を上げて、タイミングのよいバックアップを実行できます。しかも、他のリカバリソリューションよりもストレージは少なくて済みます。

任意の Active Directory オブジェクトを復元

任意の Active Directory オブジェクトを復元

Recovery Manager は、ユーザやグループ、コンピューター、OU、サイト、サブネット、構成、Exchange ストレージグループなど、Active Directory の任意のオブジェクトを復元することが可能な、この種のソリューションでは唯一の製品です。 また、これらをすべて、ドメインコントローラを再起動せずに実行できます。

属性の変更のロールバック

属性の変更のロールバック

Recovery Manager では、オブジェクト自体が削除されていない場合でも、アカウント設定や、グループのメンバーシップ、バイナリ属性などの個々の属性を復元することができます。 このため管理者は、変更の必要ない属性を維持したままで、目的の属性だけを復元できます。

AD LDS オブジェクトの復元

AD LDS オブジェクトの復元

Recovery Manager では、Active Directory Lightweight Directory Services(AD LDS、以前の ADAM)オブジェクトのオンライン復元をサポートしています。 削除されたり誤って変更された AD LDS オブジェクトの復元が可能で、復元の際に AD LDS サービスを再起動する必要はなく、サービスが干渉を受けることもありません。

比較レポーティング

比較レポーティング

Active Directory の現行の状態がバックアップと比較され、バックアップ後にディレクトリデータに行われた変更が強調表示されます。 これによって、リカバリプロセスが高速化および簡素化されます。 また、異なるバックアップ間で比較を行うこともできます。

上書きされた属性または消去された属性の識別

上書きされた属性または消去された属性の識別

Recovery Manager の比較レポートでは、アカウントの設定やグループのメンバーシップなど、変更または削除された個々の属性が強調表示されます。 トラブルシューティングを支援するために、レポートには上書きされた属性と、その以前の値がリストされます。

ネイティブツールとの統合

ネイティブツールとの統合

Recovery Manager は Microsoft のすべてのネイティブツールとシームレスに統合するため、ユーザは使い慣れたインターフェースで作業できます。 AD Users and Computers を含む包括的な統合となっています。

PowerShell のサポート

PowerShell のサポート

Windows PowerShell が統合されているため、Recovery Manager の高度な機能を柔軟にスクリプト化でき、他のアプリケーションと簡単に統合することができます。

ドキュメント

導入事例

A Leading National Health Insurer Chooses Quest Software to Protect Active Directory Brasfield & Gorrie Gets Active Directory Administration Under Control with Quest Software Brighter Future for Knox County Schools Charlotte-Mecklenberg Schools (CMS) Implements Plan for Disaster Recovery with Recovery Manager for Active Directory Community College Earns A+ for Its Active Directory Recovery Plan Energy Company is Back to Work Within an Hour Howard County, MD Performance and Progress Keeping IT in Shape: Texas Health and Human Services Commission stays healthy with its new Active Directory system. Large University Understands Importance of AD Management Norwich and Peterborough Building Society Cashes In on Quest's Active Directory Recovery Solution and Achieves 1,000 Percent ROI Quest Educates Kingston University on Exchange and Active Directory Protection and Recovery, Delivering 89 Percent Savings in Staff Time Quest Helps 22,000 Users in Gavle's Council and Schools Stay Online in the Event of Active Directory Failure, Delivering Over 600 Percent ROI Quest Improves the Efficiency and Security of La Caja De Canarias' Operations and Customer Transactions Quest Recovery Manager for Active Directory Quickly Restores E-mail for 11,000 LandAmerica Employees, Delivering 200% ROI in Less Than a Day Quest Software Uses Its Own Recovery Manager for Active Directory to Resolve Serious E-mail Disruption Quickly Quest's Windows Management Products Fit the Bill at Lancashire Constabulary Recovery Manager for Active Directory Reduces Restore Time from One Hour to 10 Minutes Sberbank of Russia is Protected Against Unplanned Downtime Spanish university improves IT efficiency by 60 percent Tyco Healthcare Speeds Recovery Time by More Than 75 Percent with Recovery Manager for Active Directory トップに戻る

サポートドキュメント、ノート、ガイド

リリースノートとユーザガイド トップに戻る